八幡平

週末は盛岡のオフィスの掃除と盛岡の我が家を少しだけお色直ししたり…
ついでに盛岡で乗る個人用のバイクを好奇心で探したり…だって、あの雄大な岩手県内を走るならやっぱりバイクがあればきっと楽しいはずでしょう…

まぁ、会社のカブがあるんだから…いや公私混同はいけないわけで、自分で買って会社に貸し出すなら…

まぁ、ちょっと興味のある出物があるのでいろいろ思案した訳で…
AB80B1B2-243E-4131-86C7-E30FFB4BC164.jpg
そんなことは置いておいて今年、最後の盛岡でお泊りにあえて八幡平市を選択させて頂いた。

それは八幡平市の会合にも行かせて頂いたからには我々も何か出来ることを少しずつ始めて行くか…という表れでもある。

で、松川温泉を予約

温泉までの途中の道路はご覧の通り。

それでも今年は雪は少なめです。
AF6178CE-AF61-4204-94AB-29CB5858F6DE.jpg
暖冬とはいえ気温はわたしが行く日に限ってご覧の有り様でタオルが凍ります。

この八幡平市には多くの自然が残されていて景観は素晴らしい。

また、冬季の公共交通機関が未だにボンネットバスが現役で働いている。
8B3D4D12-ED0E-4F54-B676-607FE243252E.jpg
このバス、四輪駆動で短めのボディー。

いくつか無茶苦茶ヘアピンきつい雪のコースを登り切るくせ者だ。
474A097F-3C16-448D-90FC-684DE073DC03.jpg
このボンネットバスは冬季限定なので今ならボンネットバスに乗って温泉を味わえますよ。

このボンネットバスは他のバスから部品を取りながら運行しているようでこのような勇姿をできる限り長く見ていきたいものだ。

と、まぁいろいろありましたが、今年もどうにかこうにか年を越せそうな季節となりました。

東日本支店でお世話になっております皆様、今年一年ほんとうにありがとうございました。

今年は来年以降の準備期間と位置づけされていて越喜来夢オフィスから東日本支店おきらい第1とかおきらいの名前は残しましたが、今回はあえてひらがなに。


岩手県内にお住いの方でも読めない地名なのであえて今回はひらがなで残させて頂きました。

末永く大沢川原の地でお仕事を続けさせていただけたのならば幸いです。

まだ、年の瀬には早いので2018年.平成最後の年をお楽しみください。

この記事へのコメント