2017年07月27日

働き方改革と簡単に言えど…

最近、働き方改革と言う言葉を耳にする機会が増えているが…
みなさんの会社ではいかがでしょう?一部では下請けいじめにならなければ良いが…とか…

まずは会社側が早く帰りましょうと言うのも大事だが、働く側も時間を費やしていたものを効率化する等の努力があってこそではないか?

時間をうまく使えないから外注に…では切迫詰まった仕事を投げられた方も大変だし、その会社を含めて働き方改革をせねば意味はない。

言うのは簡単だがどうして行くか?悩むところだ。

我々の現場担当は昼間に打ち合わせをしてみなさんが帰宅されてから工事となる場合も多い。

なかなか、まだ難しいが一つだけ言えるのは時間を認識させること。

弊社では毎時、ちょうどの時間に鉄道唱歌を流す。鉄道唱歌がどうなのかは別として、5時になると鉄道唱歌が流れ内勤のスタッフは帰る時間と認識できる。
8383BD6C-3A3B-4A1E-9283-F1B773308E52.jpg
早く帰ることは、お客様の仕事を後回しにして良いと言う訳ではないからこそ難しいが、まずは時間の目安をしっかり認識させることから始めています。

毎時、何かを流すだけでも効果はあると感じています。

良かったらお試しください!
posted by koma at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: